DIYレシピ

≪インテリアDIY≫ダボ接合で2100mmの長いカウンターシェルフを作ろう!

2100カウンターシェルフDIY

キッチンの後ろ側にカウンターが欲しいなと思い、レンガ調の壁紙に木目が映えるカウンターを作ることにしました。

通常のカウンターは板厚が36mm以上の硬い木を使用しますが、とても高価でなかなか手が出せません。ということで、SPFワンバイ材と頑丈な棚受けを使って雰囲気の良いカウンターシェルフをDIYしたいと思います。少し長めの棚を作りたいなという時に、参考にできるレシピだと思います。

材料

  • SPF1×10材:2100mm…2枚
  • ひのきコーナ材:900mm…3本
  • 6mmダボ
  • 木工パテ
  • 三角棚受け…4個
  • コーススレッド:65mm

道具

  • 丸ノコ
  • インパクトドライバー
  • ドリルアタッチメント(ドリル6mm)
  • 6mmダボマーカー
  • クランプ各種
  • メジャー
  • 差し金
  • マスキングテープ
  • サンドペーパー#100、#240
  • 木工用ボンド
  • カンナ
  • ブライワックス(ジャコビアン)

DIYレシピ

カウンター部材の角処理

SPF材は角がR加工されています。そのまま残しても良いですが、今回は一枚板風に仕上げるため、最初にR加工されている部分を1〜2mm程丸ノコで落とし、直角面を作ります。

2100カウンターDIY R加工の切り落とし

丸ノコは、SPF材の板厚から2〜5mm刃が出る状態に調整します。

2100カウンターDIY 丸ノコ刃の出幅調整

購入時のSPF1×10材は、板幅が234mmでした。(ホームセンター、販売店により多少誤差があります。)

2100カウンターDIY SPF購入時の板幅

角を直角にすることによって、幅が231mmになりました。

2100カウンターDIY R加工処理SPF材のR加工処理

カウンター板のダボ接合

R加工処理が完了したSPF1×10材2枚を、ダボ接合で1枚板に加工します。

2100カウンターDIY ダボ接合1

2100mmもの長い板となるとダボは6ヶ所欲しいところですが、ダボマーカーは4個セットなので、板の両端10mm端から900mmの位置にダボを打ちます。

2100カウンターDIY ダボ接合2

SPF材の板厚19mmの半分9.5mmに印を墨付けます。

2100カウンターDIY ダボ接合3

ダボの墨付け位置に、6mmドリルで深さ15mmの穴を開けます。

2100カウンターDIY ダボ接合4

墨付け印にドリルの先を確実に当ててから、真っ直ぐになるように注意しながらダボ穴を開けていきます。

2100カウンターDIY ダボ接合5

片側のダボ穴開けが完了しました。この穴にダボマーカーをセットして、もう一枚の板にダボ穴位置を写します。

2100カウンターDIY ダボ接合6

ダボ穴に6mmダボマーカーをセットし、もう一枚のSPF板を合わせて押し付けます。

2100カウンターDIY ダボ接合7

すると、もう一枚の板にダボ穴位置が写せます。しかし、板に曲りや反りがある場合は、板厚の半分の位置にマーキングされません。そのときは、差し金で9.5mmの位置を墨付け直してから、6mmドリルでダボ穴を開けます。

2100カウンターDIY ダボ接合8

ダボ穴に木工用ボンドを入れてダボを打ち込みます。

2100カウンターDIY ダボ接合9

板の部分にも木工用ボンドを付けます。

反対側のダボ穴にも木工用ボンドを入れます。ダボは木工用ボンドの水分で膨らみ、強固に接合できる仕組みです。

2100カウンターDIY ダボ接合11

板同士を貼り合わせたら、900mmのレバークランプで3ヶ所締め付けます。この時に板同士のズレを修正し、必要に応じてクランプなどを使って押さえつけましょう。(ここでの修正が、その後の段差修正を楽にします。)

2100カウンターDIY ダボ接合 クランプ止め

【DIY基礎知識】第3の腕!クランプの使い方と種類をご紹介
クランプはDIYにおいて、「木材を固定するための補助道具」です。一人で作業する場合は「第3の腕」として活躍します。 クランプを使うことで木材を安定的に固定し、安全...

木工用ボンドが乾いたら、クランプを外し接合状況を確認しましょう。

2100カウンターDIY ダボ接合完了

≪DIYテクニック≫天板製作に◎ダボ接合を簡単に行う方法をご紹介
木材同士の接合方法はたくさんありますが、今回は「ダボ」を使った方法をご紹介します。板を何枚か合わせてテーブルの天板にする時など、ダボを使って接合すると強度が...

カウンター表面の修正

板の接合でできた段差をカンナで修正します。段差部分だけでなく、その周辺も削り取り、全体が滑らかになるようにします。

2100カウンターDIY 段差修正

板の接合部に隙間ができた場合は「木工パテ」を使います。まずは、隙間に沿うようにマスキングテープを貼ります。

2100カウンターDIY 隙間修正1

隙間にパテを圧入する感じで塗っていきます。ヘラでなぞり、パテが乾燥したらマスキングテープを剥がします。

2100カウンターDIY 隙間修正2

カウンター板の長さ調整

丸ノコでカウンターの長さを2100mmに加工します。最初に、片側を直角にカットしてから、その面から2100mmの位置で反対側もカットします。

2100カウンターDIY カウンター長さ

使用時の安全を確保するため、カウンターの角を隅切りします。

2100カウンターDIY 隅切り

カットし終えたら、サンドペーパー#240でパテやカンナの削り跡、角を整えましょう。

2100カウンターDIY 表面処理

≪DIYにこの番手≫紙やすり(サンドペーパー)の使い方と選び方をご紹介!
紙やすり(サンドペーパー)は木工DIYでは必需品です。木材の切り口を滑らかにしたり、角や表面を滑らかにしたりと、スベスベの木の質感を表現するには欠かせないアイテ...

雑巾ずりの取り付け

雑巾ずりを取り付けます。雑巾ずりとは、雑巾でカウンターを拭いた時に、壁が汚れないように作られる木材の段差の事です。今回はヒノキのコーナー材で作ります。

2100カウンターDIY 雑巾ずり1

固定用の釘は、仮止め用の細い釘のプラスチック部分を外して使います。細い釘なので木材が割れすに固定することができます。

2100カウンターDIY 雑巾ずり2

コーナ材に木工用ボンドを塗布して貼り付けます。

2100カウンターDIY 雑巾ずり3

そして、釘を打ち込みます。細い釘なので曲がらないように真っ直ぐ慎重に打ち込みましょう。

2100カウンターDIY 雑巾ずり4

棚受けの塗装

棚受けは、板の支えとして頑丈なタイプを使用します。塗装の前に中性洗剤で洗浄するか、「シリコーンリムーバー」等の油膜除去剤で油分を取り除いてから塗装していきます。

2100カウンターDIY 塗装1

下地塗装は「ミッチャクロン」を使います。ミッチャクロンは様々な下地を強力に密着させる、とても便利な下地剤です。

2100カウンターDIY 塗装2

棚受けはつや消し黒で塗装します。スプレーはアクリル樹脂系の油性スプレーを使いました。3回に分けて表裏を丁寧に吹きましょう。

2100カウンターDIY 塗装3

最後に立てて並べ、吹き漏れがないかチェックして、再度吹き付けて乾燥させます。

2100カウンターDIY 塗装4

塗装の乾燥には、1週間ほど時間をかけて乾燥させました。棚受けは壁紙に直接付けるため、完全に乾燥させてから取り付けるようにしましょう。

2100カウンターDIY 塗装5

カウンターの塗装

カウンターの塗装は、ブライワックスのジャコビアンを使います。最初に裏側から塗装していきます。

2100カウンターDIY ブライワックス1

塗装が完了したら、乾いたタオルで磨き上げます。こちらも完全に乾燥するまで、しっかり時間を取りましょう。

2100カウンターDIY ブライワックス2

まだ取り付けていませんが、いい感じですね。

2100カウンターDIY ブライワックス42100カウンターDIY ブライワックス3

≪ワトコと比較検証≫アンティーク感を演出するブライワックスの塗り方と特徴をご紹介
無垢材の仕上げに使われる「BRIWAX(ブライワックス)」は、英国王室ご用達の優れた家具用ワックスです。DIYに用いた場合、手軽にアンティーク感を演出できるので人気が...

カウンターの取り付け

壁への取り付けは、壁の柱位置を確認しながら取り付けます。

柱位置を探るのに便利なのが「下地探し どこ太」です。ネーミングはちょっとアレですが…、DIYインテリアでは必須アイテムですね。

下地探し どこ太

柱の位置は、尺寸の間取りの場合910mm間隔、メーターモジュールの場合は1000mm間隔の位置に配置されています。(自宅建築時の図面がある方は、それを参考にして下さい。)

2100カウンターDIY

壁側はコーススレッド65mm、カウンター側は棚受け付属のビスを使って固定させます。

完成

完成です!レンガ調の壁と木目がとても良く合いますね。

2100カウンターDIY 完成

ちなみに、カウンターの下には衣装ケースを置いています。カッコイイ天板があるだけで、既存の家具もインテリアに馴染ませることができます。

製作を終えて

2100mmカウンターはそんなに難しい工程ではありませんが、「一枚板の製作」「壁への取り付け」と言うDIYの基本となる作業です。

特に壁の内部は柱と石膏ボードの組み合わせでできているので、「固定できる場所」と「ビスを打ち込めない(効かない)場所」を知る事がとても重要です。下地を探す作業を怠らず、確実に固定できるようになりましょう。

≪DIYテクニック≫天板製作に◎ダボ接合を簡単に行う方法をご紹介
木材同士の接合方法はたくさんありますが、今回は「ダボ」を使った方法をご紹介します。板を何枚か合わせてテーブルの天板にする時など、ダボを使って接合すると強度が...

オススメ商品

一枚板製作の必需品!これがあれば、テーブル天板も製作できます。

アンティーク風の仕上げに欠かせない、ブライワックス(ジャコビアン)です。

下地はどこだ?の「下地探しどこ太」。

【 同じタグの記事はこちら 】

合わせて読みたいオススメ記事

最新情報をお届けします

この記事をシェアする

tsukuro-motto

投稿者の記事一覧

自宅を建てたことをキッカケに、ウッドデッキ&庭づくりを悪戦苦闘しながらDIYを本格的に始めました。
このDIYの楽しさをもっと多くの人と共有したなと思いDIY情報サイト『tsukuroもっと』を2016年4月よりスタート。
数少ない休みをフル稼働でDIY中!

DIY歴:20年(作れるものは何でも作る!)
製作実績:FRP工作(車パーツ等)、家具、ウッドデッキ、レンガ・ブロック積み、ガーデニング、焼印などなど。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

気軽にフォローしてね

サイト内検索

DIY初心者の方はこちら

新着記事

  1. メイソンジャーペイントサムネイル
  2. 天空に浮いたウッドデッキ製作最終回サムネイル
  3. フェイク多肉植物の寄せ植えサムネイル
  4. ガラスボトルペイントサムネイル
  5. クラフトテープリメイクサムネイル
  6. ガラスカッターで簡単にワインボトルをカットする方法サムネイル
  7. ウッドデッキ製作裏話サムネイル
  8. 天空に浮いたウッドデッキ製作(製作編2)サムネイル
  9. 天空に浮いたウッドデッキ製作2
  10. マクラメハンギングサムネイル
PAGE TOP