≪ツーバイ材DIY≫インチ規格を一発線引き!2×4定規を使いこなそう!

2×4定規タイトル

2×4材はホームセンターで手軽に購入できるDIY材料です。しかし、ツーバイ材はアメリカのインチ規格を元に製材された建築資材なので、センチメートルにすると「2×4材→38×89mm」です。

暗算が得意な方は問題ないですが、「½や⅓ は何mm?」となった場合は、計算機を使わないと算出が難しいです。そんなツーバイ材に一発で線引きできる「2×4定規」をご紹介します。

2×4定規とは?

ツーバイ材は差し金を使う事で墨付けが可能ですが、一発で誰でも簡単に使えるのが「2×4定規」です。

2×4定規1

素材は樹脂製で軽いですが、しっかりとした作りです。たくさんの線とガイド穴が付いていて、一見分かりづらい印象を受けますが使い方はとても簡単です。

2×4定規2

基本的な使い方

2×4定規は、名前の通り2×4材と同じ寸法に設計されています。様々な穴や切り欠きが付いています。

2×4定規3

等分墨付け

2×4材の短辺89mmに対して、½、⅓、¼を簡単に割り付ける事ができます。等分墨付けが必要になるアサリ組みや相欠き継ぎ加工の割り付けが直感的にできます。

2×4定規で等分墨付け1

2×4材の厚さ38mmに対して、½、¼の割り付けも簡単にできます。ほぞ先の割り付けや相欠き継ぎの割り付けも簡単です。

2×4定規で等分墨付け2

ビス穴ガイド

2×4材をビス止めするときのガイド穴はとても便利です。ビス頭の間隔や高さがバラバラだと、作品の見た目も良くありません。ビス頭が揃っているだけでプロの様な仕上がりになります。

2×4定規のビス穴ガイド

45度の墨付け

45度の墨付けも簡単にできます。45度ラインの3点穴に印をつけて…

2×4定規45度の墨付け1

印に合わせて線を引くと、簡単に45度のラインが引けます。

2×4定規45度の墨付け2

その他の墨付け

2×4材の幅89mmの½も簡単に割り出せます。

2×4定規その他の使い方1

2×4材の厚さ38mmを、片欠き加工する際の墨付けも簡単です。

2×4定規その他の使い方2

▼片欠き加工の製作事例

ハンガースタンドDIY

≪家具DIY≫インテリアにもなるアンティーク風ハンガースタンドを作ろう!【図面あり】
【図面PDFダウンロード可能】アイロンをかけた後、服をちょっと掛けておける衣装ハンガースタンド(ハンガーラック)が欲しいなと思い作ってみました。アンティーク感を...

直角線の墨付け

通常、差し金を使う直角の墨付けも2×4定規で簡単にできます。

2×4定規直角の墨付け

アサリ組み墨付け実例のご紹介

4等分のアサリ組みの割り付けで手順をご紹介します。最初に厚さ38mmのラインを引きます。

2×4定規アサリ組み墨付け実例1

4等分の線は、白矢印の3ヶ所に印を付けます。

2×4定規アサリ組み墨付け実例2

次に、最初に引いた38mmライン近く(白矢印)にも印を付けます。

2×4定規アサリ組み墨付け実例3

印を繋いだ線を3本引きます。

2×4定規アサリ組み墨付け実例4

あとは切削する方にバツ印などの目印を付けて、同じ手順で反対側を墨付ければ完成です。

2×4定規アサリ組み墨付け実例5

まとめ

ツーバイ材は今までは計算機を使ったり、差し金を駆使して等分割り付けをしていましたが、この2×4定規は直感的に線引きができるので、DIYの時間短縮に貢献します。使い方に慣れてくると、もっと複雑な墨付けもこの定規一つで可能になります。

1×4材にも活用できるので、価格的にも安価なこの2×4定規はDIYの必須アイテムだと思います。

ご紹介した商品

今回ご紹介した商品は、ラクダ ツーバイフォー定規です。

フォローする

合わせて読みたいオススメ記事

トップへ戻る