【100均すのこDIY攻略法】棚の作り方から簡単な解体方法まで詳しくご紹介♪

100均すのこDIY攻略法

100円ショップ(以下100均)では、収納に便利な「すのこ」が売られています。この100均すのこは、DIYアイテムに超オススメなんです!

そのまま組み立てても良し、解体して別のアイテムにするも良し!(解体することによって、安価な木材となります。)

今回はきれいに解体する方法や、100均すのこを上手に活用するためのコツなど盛りだくさんの内容でお届けします♪

すのこの特徴

今回はセリアのすのこを使ってご紹介します。

セリアのすのこは全部で3種類ありました。(サイズは左から33×37cm、真ん中40×25cm、右45×20cmです。)

セリアすのこ3種

どのすのこも素材は「桐」で作られています

すのこは大きさによって、板の本数と横幅が違います。

sunoko07

裏には下駄(げた)と呼ばれる細い材があります。この下駄ですのこは連結されています。

sunoko04

すのこの両端は少し斜めになっています。

sunoko06

今回のセリア産すのこは、板厚が約7mmでした。

sunoko05

すのこ棚の作り方

すのこ棚の製作はとても簡単にできるので、DIY初心者さんにオススメです!しかし、ただ組み立てるだけだと安定感やデザイン性に欠けてしまいます。

sunoko25 sunoko26

上記でも挙げたように、すのこの両端は斜めになっているため、物を乗せたとき不安定になってしまいます。なので、このはみ出した部分をノコギリで切ってしまいましょう。(上部も同じく切り落とします。)

sunoko27

100均すのこは板厚が薄いので、ビスや通常の釘では太すぎて板が割れてしまいます。なので、すのこ同士の固定は「こびょう」と呼ばれる小さな釘を使います。(ホームセンターに売っています。)

すのこDIY こびょう

下駄にすのこを乗せてこびょうで固定します。

sunoko29

最初はこびょうが小さく金づちで打ちづらいので、指でグッグッと押し込んでから打ち込みましょう。

sunoko30

プレーンタイプのすのこ棚の完成です。上下の飛び出した部分を切り落としたので、きれいな長方形になりました。

すのこ棚
横に渡しているすのこは、切り落とすなどの手を加えず、そのままの状態で使用しています。色を塗りたい場合は、組み立てる前に塗りましょう。

すのこに最適なビス ※2017/1/28追記

上記で「すのこ同士の接合にはこびょうがオススメ」と記載しましたが、100均すのこでも割れることなく打ち込めるビスを発見しました!それはコチラ↓↓

すのこ同士の接合にオススメなミニビス

「ミニビス」と呼ばれるもので、通常のビスより細く、100均すのこの薄い板厚(側面)に打ち込んでも割れることなく固定できます。

1箱500円ほどするので決して安くはありませんが、しかしこのビスのおかげですのこもガッチリ固定することができます。

ちなみに私は、16mmと25mmを常備していますが、一番使用頻度が多いのは16mmです。めちゃくちゃオススメです!

耐重性について

100均すのこは、あまり重いものを乗せることはできません。では、どの程度の重さなら良いのでしょうか?

それは、植木鉢なら小さい物もしくは軽い物、靴箱として使うなら2足が良いでしょう。

100均すのこ 耐重性

接合方法

上記で挙げたように、すのこだけで棚を作る場合は「こびょう」でOKですが、その他木材と組み合わせて使う場合、接合金具を使うこともできます。

一文字金具

一文字金具は、すのこ同士を横一列に結合させたいとき使用します。

sunoko-ab15 sunoko-ab14

金折金具

こびょうを使わず、金折金具で固定することもできます。

sunoko-ab17 sunoko-ab18

上記でご紹介した「ミニビス」があれば、この金折金具は不要です。

≪100均DIY≫初心者さん向け★セリアすのこde簡単傘立ての作り方をご紹介♪
DIY初心者さんにオススメ★セリア産の100均すのこを使った、カワイイ傘立てをご紹介します♪ベースを白に塗り、その上にアンティーク加工を施しました。さらに可愛い小物...

下駄の外し方(解体方法)

すのこは、バラすことで安価で軽い木材となります。すのこは「下駄」を外すことで解体できますが、この下駄外しがずっと難関でした!

しかし、今回この下駄をキレイに外す方法を編み出したのでご紹介したいと思います!

道具

100均すのこ 下駄外しの道具

  • ゴムハンマー(もしくは金づち)
  • マイナスドライバー
  • ペンチ

※彫刻刀を使うと掘りすぎてしまうので、マイナスドライバーがオススメです。

作業工程

効率良く外すために、まず中央の下駄外しから始めます。

sunoko08

下駄の中央を、マイナスドライバーをゴムハンマーでトントントンと軽く打ち込みます。

sunoko09

マイナスドライバーを左右にずらしならがトントン打ち込みます。

sunoko10

1列溝が掘れたら、上下を返して同じ工程を繰り返します。すると、カポッと簡単に下駄が外れます。

sunoko11

下駄は接着剤と針で固定されています。下駄が外れたら針でケガをしないように気をつけましょう。

sunoko21

作業の途中、下駄にヒビが入ってしまった場合は、焦らず上記と同じ工程を進めましょう。

sunoko12 sunoko13

外した跡はこのような感じです。もともと100円の素材なので、すごくキレイに外すことはできませんが、許容範囲内という感じでしょうか。

sunoko15

少し残ってしまった場合は、マイナスドライバーでトントンして取り除きましょう。(この場合は彫刻刀やノミでもOKです。)

sunoko14

下駄外しは、実はこんな格好で行っています!

sunoko20

賃貸でDIYを楽しんでいるので、音が響かないように脚の上でトントンしています。軽い力で打ち込むので脚も痛くないですし、ゴムハンマーで音を抑えているので賃貸でも容易に作業ができます。

木材に残ってしまった針は、ペンチで取り除くことができます。グッと引っ張らず手首を返すと、テコの原理で楽に引き抜くことができます。

sunoko22

全て外し終わるとこんな感じです。下駄が固定されていた面を裏にして使えば、ボロボロな面も隠すことができます。

sunoko19

下駄を外して作った作品のご紹介

下駄を外すと安価で軽量な木材になります。それを使った作品をいくつかご紹介します。

廃材風鉢カバー

すのこを解体して、再度間隔を狭めつつ、すのこを組み立て直し製作した鉢カバーです。(既成のすのこは板同士の間隔が広く、安っぽく見えてしまうので…。)

廃材風鉢カバー

≪100均DIY≫セリアすのこdeオシャレな廃材風鉢カバーを作ろう♪
セリアのすのこを使って作った、ガーデニングが楽しくなる廃材風の鉢カバーをご紹介します。100均のすのこは板同士の間隔が広くデザイン性に欠けるため、ウッドデッキパ...

壁掛けヘアアクセサリー収納

賃貸でも壁掛けができるよう、軽量なすのこを使ってヘアアクセサリー収納を作りました。

ヘアアクセサリー収納

≪100均DIY≫ディッシュスタンド&すのこde壁面ヘアアクセサリー収納を作ろう♪
ヘアアクセサリーは女性にとってジュエリーと一緒。だから可愛く飾りたい!そんな想いで今回は、かさばるシュシュや細々したヘアゴムを、オシャレに壁面収納できるアイ...

壁掛けフェイクグリーン

すのこを解体した後、リメイクシートを貼ってプランター風に仕上げた作品です。すのこ&リメイクシートのコラボは最高です!

壁掛けフェイクグリーンの完成1

≪インテリアDIY≫100均すのこde壁掛けフェイクグリーンを作ろう♪
「窓の少ない賃貸でも部屋の中で植物を飾りたいな」と思い、インテリアとして楽しめる「壁掛けフェイクグリーン」を作りました。ちょうど100均のセリアで新商品として出...
≪DIY賃貸≫100均リメイクシート120%活用術&注意事項を徹底解説!
既存のアイテムを簡単にリメイクできる100均のリメイクシート(カッティングシート)。手軽な上にいろんなデザインがあり、DIY創作意欲を掻き立ててくれます。しかし、...

まとめ

100均すのこは安価で軽いため、プチDIYに適した材料です。安い分少し手をかける必要性が出てきますが、それでも申し分ないくらいの活躍ぶりです。

今回はセリアのすのこでご紹介しましたが、ダイソーでも販売されているので気軽に買えると思います。100均すのこを使って、あなただけのオリジナル作品を作ってみてはいかがでしょうか?

【100均DIY】セリア木材の種類・用途・注意事項を徹底解説!
最近の100均はDIYグッズが充実してきて、手軽にDIYを楽しめるようになりました。DIYアイテムの塗料や木箱などを当サイトでも取り上げてきましたが、今回は「木材」につ...
トップへ戻る