【100均DIY】セリア木材の種類・用途・注意事項を徹底解説!

100均木材の基礎知識

最近の100均はDIYグッズが充実してきて、手軽にDIYを楽しめるようになりました。DIYアイテムの塗料木箱などを当サイトでも取り上げてきましたが、今回は「木材」について検証してみたいと思います。

セリアの木材を例に挙げ、「種類・用途・100均ならではの注意事項」などをツクモ流に検証したいと思います。そして、100均木材のメリット・デメリットを把握して、上手く攻略しながらDIYを楽しむ術をご紹介します!

100均木材の種類(セリア)

セリアにはDIY用木材がいろんなサイズ・種類で販売されています。代表的なものをピックアップしてご紹介します。

セリアの木材シリーズ

桐製の板

桐製の板は、45cmの長さで幅が9cm・12cm・15cmの3種類で展開されています。私が一番愛用している木材です。

桐製の板3種

用途:メインの部材として使用

板の厚さは9mmです。

板の厚さは約9mm

桐製なのでとても軽量で、ノコギリカットもしやすく、DIY初心者でも扱いやすい木材です。

カッティングボード

このカッティングボードは「まな板」として売られています。DIY商品ではありませんが、形がオシャレなのでDIYによく愛用されています。(キッチンコーナーにあります。)

カッティングボード

2種類の大きさがあり、材質は上記で紹介した桐の板と同じです。可愛いキーフックなんかも簡単に作れますよ。

カッティングボードでキーフック

≪100均DIY≫簡単塗るだけ★セリア黒板塗料で壁掛けキーフックを作ろう♪
大人気の100均黒板塗料を使って、カワイイ壁掛けキーフックを作ろう!今回は黒板塗料も含めて、全てのパーツをセリアで揃えたプチプラ作品をご紹介します♪ベースは料理...

また、スリムタイプは45×12cmの板と横幅が一緒なので、カット無しでスパイスラックも作れます。

スパイスラック

【DIYカレッジ第3回】100均グッズで簡単DIY~まずは始めてみよう~
以前は、DIY(日曜大工)と言えばホームセンターに行くのが当たり前でした。しかし、現在は100円ショップ(以下100均)でもDIYコーナーが設けられ、手軽に工具や材料を...

角材&丸棒

角材は長さが45cmで、板の幅や厚さが3種類展開されています。

角材&丸棒

用途:メイン木材の補助材として使用

角材3本セット

この角材はなかなか使える木材です。(サイズ:約45×1.2×1.2cm)

角材3本セット

棚受けとして、またフレームとしても使用できます。

角材の使用例

≪100均DIY≫セリアで作る★木製ロッカー風小物収納を作ろう♪
セリアのDIYグッズを使用して、「木製のロッカー風小物収納」を製作しました。ベニア板(背板)を除いて、その他全てを100均アイテムで揃えた渾身の作品です!普通の小...
網の貼付け&椅子の修復に大活躍!タッカーの使い方とDIYレシピをご紹介♪
今回は、DIY時の部材固定やイス・ベッドの補修、荷札やラベルの貼り付けなど、様々な場面で重宝するタッカーをご紹介します。力がない女性でも簡単に扱え、機能自体もシ...

100均すのこを解体したとき、それらの接続用パーツとしても使用しています。

すのこの連結

≪100均DIY≫セリアすのこdeオシャレな廃材風鉢カバーを作ろう♪
セリアのすのこを使って作った、ガーデニングが楽しくなる廃材風の鉢カバーをご紹介します。100均のすのこは板同士の間隔が広くデザイン性に欠けるため、ウッドデッキパ...

角材2枚セット

この角材2枚セットはボックス製作などに使えます。(サイズ:約45×3.8×0.7cm)

角材2枚セット100均焼き網とカッティングボードのハンディボックス完成1

《100均DIY》焼き網とカッティングボードでハンディボックスを作ろう♪
今回は「100均の焼き網を使って何か作りたいな」と思い、持ち運びに便利なハンディボックスをDIYしました。シンプルな作りなので、色合いにこだわってアンティーク風に...

この角材は比較的最近セリアに並び始めましたが、これを見た時「これは…すのこ板と同じやつだ!」と思いました。

すのこを解体する

板の幅や厚さも100均すのこに近いです。「わざわざすのこ解体しなくてもいいんだ!作業が楽になる!」と思いましたが、2枚で100円を取るか、すのこを解体して4枚で100円を取るか結構悩みます。

(すのこ板と違って、キレイに整形されているので、DIY的には角材の方がいいのですが…。毎回お財布と相談です。)

角材2本セット

この角材は厚みがあるのが特徴です。(約45×2.1×1.5cm)

角材2本セット

作品の材料として使用したことはまだありませんが、ノコギリでカットする際の「ノコギリ定規」として愛用しています。

ノコギリ定規として使える

刃を板に添わせて表面に切り込み線を入れるときに使用しています。真っ直ぐ切り込み線を入れることができるので、その後のカットがとてもキレイにできます!ぜひお試しあれ♪

丸棒2本セット

丸棒は何かを引っ掛けたり、ぶら下げたいとき使用できる木材です。(サイズ:45×1.4cm)

丸棒2本

ですが、この丸棒が一番威力を発揮できるのは、先程ご紹介したカッティングボードとのコラボです!

カッティングボードの穴と丸棒のサイズが合う

カッティングボードの穴とこの丸棒の太さがピッタリ!穴に通すことで持ち手やタオル掛けとして使用することができます。

カッティングボードのスリムタイプは、穴が小さいので使えません。

カッティングボードと丸棒の使用例

《100均DIY》焼き網とカッティングボードでハンディボックスを作ろう♪
今回は「100均の焼き網を使って何か作りたいな」と思い、持ち運びに便利なハンディボックスをDIYしました。シンプルな作りなので、色合いにこだわってアンティーク風に...

ベニヤ板・合板

背板として使えるベニヤ板、小物製作に使えるMDF合板もあります。

ベニア合板とMDF

しかし、これらはDIY初心者にとって自力でノコギリカットするのが難しい材料です。なぜなら、切る距離が長いから!

MDF合板のカット

切れないことはないのですが、長距離をノコギリカットすると曲がりやすいので、私はあまり使用できていません。

どうしてもベニヤ板を使いたい場合は、ホームセンターで購入してカットサービスを使ったほうが楽だな~と思います。

【DIYカレッジ第6回】木材カットサービスを利用してみよう!~利用方法と注意事項を把握しよう~
前回のDIYカレッジ第5回では、DIY初心者にオススメのSPF材について学びました。本日の講義は、その木材をホームセンターで購入した際、ぜひ利用していただきたい便利な...

セリア商品ではありませんが、ベニヤ板を背板にした作品はコチラ↓

背板はベニア

≪100均DIY≫セリアで作る★木製ロッカー風小物収納を作ろう♪
セリアのDIYグッズを使用して、「木製のロッカー風小物収納」を製作しました。ベニア板(背板)を除いて、その他全てを100均アイテムで揃えた渾身の作品です!普通の小...

ちなみに、MDF合板ではレターケースなどの作品が作れます。(セリア商品ではありませんが、自力でカットして作った作品です。)

食パン風レターケース

≪DIY初心者入門≫MDF合板で作る食パン風レターケースをご紹介♪
MDF合板は小物作りに最適な材料です。今回はDIY初心者の方にも簡単に作れるレターケースをご紹介します。形がシンプルなので、塗装に少しこだわって、こんがり焼けた食...

注意事項

手軽に購入できる100均木材ですが、やはり100均ならではのデメリットがあります。

反りが激しい

店頭にある同じサイズの板を並べてみると一目瞭然です。反ってます。素晴らしく反ってます。反ってます。

100均木材の反りはスゴイ

数がいっぱいあっても、ほとんど反っています。その中で反りが少ないものは数が限られます。多少の反りはビス止めのとき強制的に直せるので、「このくらいならいいかな…」という範囲内の物を選びましょう。

長さが違う

100均あるあるの代表格、「長さが違う」!

長さが違う

すのこ板もそうですが、たった数ミリ、されど数ミリ!使用する前にしっかり計測しましょう。

ちょうど良いパーツがない

私はよく全ての材料を100均で集めて作品を製作しています。しかし、いつも苦労するのが「ピッタリ合うパーツがない」という点です。

100均で木材を買うなら、その他パーツも100均で揃えられたらいいなと思うのが女性心。

板と木箱を組み合わせて何か作ろう!と思ったとき、サイズを合せてみると「う~ん、はみ出る…。」なんてことはしょっちゅう。

合うサイズがない

≪100均DIY≫セリアの板と木箱deアンティーク風ミニチェストを作ろう!
100均セリアの板と木箱を使って、アンティーク風ミニチェスト(引き出し式小物収納)を作ろう!今回の作品は、材料全てをセリアで揃えました。(塗料除く)100均で作っ...

だから、ひらすら店内を歩き回って、サイズが比較的合う物を探し歩く日々。偶然の一致「シンデレラフィット」を求めて、さまよい歩きます。←大げさ(笑)

頭をひねるからこそ楽しい100均DIYですが、「サイズが合うものがもっとあればいいのになぁ…」という気持ちが正直な所です。

高くつく場合もある

作るものによって100均だけで木材を揃えようとすると、ホームセンターより金額が高くついてしまう場合があります。

角材に似た「工作材」と呼ばれるパーツは、ホームセンターだと100円以下で買えるものもあります。

工作用木材

さらに100均木材は「反り」が多いので、その材質で高くつくより、少し足を延ばしてホームセンターへ行ったほうが良い木材を買うことができます。どちらを取るかはあ・な・た・し・だ・い!←都市伝説風

まとめ

ザッと作品例も合わせながらご紹介してきました。100均木材はデメリットはあれど、やはり手軽に買えるのが一番の魅力ですよね。(デメリットの印象の方が強いですかね…(^_^;))

ちょっとした小物製作にはとても重宝します。

購入時は必ず「反り」をチェックするようにして下さい。数枚重ねてみて、激しく反っているものを省くようにしましょう。

まだまだこの木材を活かせられるパーツはあると思うので、偶然の一致「シンデレラフィット」を見つけながら、プチプラなDIYレシピをこれからも考案していきたいなと思います♪というわけで、今日も私は100均をさまよい歩くぞぉー!!(゚∀゚)ノ

100均DIY関連記事はコチラ→ 100均シリーズ

あとがき

当サイトは、スタッフ含め皆さんが「DIYをもっと楽しむためにはどうすれば良いか」を考え、日々活動しています。

そのDIYをもっと身近に感じさせてくれる100均アイテム。この木材のようにデメリットはありますが、私はこのデメリットを良い意味で捉えています。

それは、「ホームセンターにはもっと良い木材(物)があるかもしれない」「ちょっとホームセンターに行ってみようかな」と背中を押してくれるような存在だからです。DIYの第一歩としての100均、その先に待っているDIYのテーマパーク「ホームセンター」。

家族みんなが休日にワイワイDIY、OLさんが休みの日にノコギリぎぃこぎこ、そんな日常が当たり前に来る日を夢見ています。

そのために、良い面も悪い面もある100均DIYを自分なりに楽しみ、経験して、いろんなことをお伝えしていけたらいいなと思っています。

結果、「やっぱりホームセンター行こうぜ~ψ(`∇´)ψ ケケケケ」となるのですが(笑)

ちょっとお固い話になってしまいましたが、これが私の正直な気持ちです(^^)

【100均すのこDIY攻略法】棚の作り方から簡単な解体方法まで詳しくご紹介♪
100円ショップ(以下100均)では、収納に便利な「すのこ」が売られています。この100均すのこは、DIYアイテムに超オススメなんです!そのまま組み立てても良し、解体し...
トップへ戻る