【木箱DIY】ALL100均!デコパージュでアンティーク風ドロアーボックスを作ろう♪

アンティーク風デコパージュボックス
今回は、セリアの木箱とダイソーのデコパージュ商品を使って、オシャレなアンティーク風ドロアーボックスを作りました。デコパージュすることで100均とは思えないクオリティーに仕上がります。

難しい工程はなく短時間でパパっとできるので、DIY初心者さんや時間の無い主婦の方にもオススメです♪

材料

アンティーク風デコパージュボックスの材料

  • 木製ドロアーボックス4箱(セリア)
  • アンティーク取手4個(セリア)
  • デコパージュ専用ペーパー(ダイソー)
  • デコパージュ専用液:オールマイティ、トップコート(ダイソー)
  • 塗料1:水性ニス(ウォルナット)
  • 塗料2:ホワイト、ピスタチオグリーン

道具

  • サンドペーパー#240、#400
  • 刷毛
  • カッター&カッターマット
  • 強力瞬間接着剤(セリア)

DIYレシピ

木箱の下準備

100均木箱をDIYするときは、一番始めに必ずサンドペーパー#240でササクレやザラつきを取り除きましょう。

塗料を塗る前にヤスリがけを忘れずに

ササクレはケガの元になりますし、ザラつきがあると後々のデコパージュも作業がしづらくなります。このひと手間が100均木箱DIYには必須なのであります!

木箱のササクレ

塗装

木箱を好みの色に塗装します。私は本体を水性ニスのウォルナット、引出しの手前部分をホワイトとピスタチオグリーンで塗装しました。

木箱を塗り終えました

内側はあえて未塗装にします。塗ってしまうと引出しを出し入れする際摩擦が発生して開け閉めがしづらくなるので、そのままの状態にしておきましょう。

1回目の塗装後は、木箱の表面が毛羽立ってくるので、さらにサンドペーパー#400を滑らせるようにしてザラつきを取り除きましょう。

1回目の塗装後はサンドペーパー#400をかけよう

デコパージュ

ホワイトに塗った部分にデコパージュを施していきます。今回使用するのはダイソーのデコパージュ専用液です。木材にも使用できるオールマイティと、光沢仕上げのトップコートを揃えました。

ダイソーのデコパージュ専用液

さらにダイソーにはデコパージュ専用ペーパーもあるので、この中からバラとエッフェル塔のデザインを使っていこうと思います。

デコパージュ専用ペーパー

まずは、デコパージュ専用ペーパーを木箱の大きさに切り出します。使いたいデザインが決まったら、木箱を当てたままペーパーを裏返し、カッターで切り抜いてしまえば簡単に切り出すことができます。

ペーパーを木箱に当てて切り出す

デコパージュする面にオールマイティを下地として薄く塗ります。(ぼったり付かないよう、均等に塗って下さい。)

オールマイティを下地に塗る

さらにペーパーを静かに乗せ、その上からまたオールマイティを塗ります。

ペーパーを乗せて再度オールマイティを塗る

ペーパーが薄く破れやすいので、素早く丁寧に乗せましょう。オールマイティが乾いたら、トップコートを塗って乾燥を待ちましょう。

トップコートを塗って乾燥を待つ

取手付け

取手を取り付けていきます。今回は付属のネジではなく、強力瞬間接着剤で取り付けます。この接着剤は木材や金属にも使えるタイプです。

取手の取り付け

根本にグルっと少量付けたら、木箱に5秒ほど押し当てて固定させます。

完成

バイカラーのアンティーク風木箱が完成しました!お疲れ様でした♪

アンティーク風デコパージュボックスの完成

縦に重ねてもカワイイですし、私みたいに横並びにしてもカワイイですね。置く場所によっていろいろ形を変えてみて下さい。

製作を終えて

100均木箱は少し手を加えるだけで、見違えるほど素敵な雑貨に変身します。下処理のヤスリがけを忘れず行い、手触り良く仕上げましょう。

木箱にデコパージュをする際は、下地の色がポイントになります。ペーパーナプキンに近い色を下地に選べばキレイにデザインが出るので、各々で色を見極めてみて下さい。

あっと今にできるお手軽DIY、ぜひお試しください♪

【木箱DIY】100均セリアdeデコパージュ!地図柄トランク風小物入れを作ろう♪
ALL100均アイテムで作った、地図柄トランク風小物入れをご紹介します。今回は「デコパージュ」という技法を使って、地図柄のペーパーナプキンをメインデザインにして作...

ご紹介した商品

ターナーミルクペイントは、臭いがなく、手についても石けんで簡単に洗い流すことができる水性塗料です。マットな色合いで、アンティーク調の作品に重宝します。

100均シリーズ

フォローする

合わせて読みたいオススメ記事

トップへ戻る