《100均DIY》焼き網とカッティングボードでハンディボックスを作ろう♪

100均焼き網とカッティングボードのハンディボックス

今回は「100均の焼き網を使って何か作りたいな」と思い、持ち運びに便利なハンディボックスをDIYしました。シンプルな作りなので、色合いにこだわってアンティーク風に仕上げました。

焼き網と木材をどう接合させるか悩みましたが、意外と簡単な方法で解決できました。さらに、アクリル絵の具を使ったアンティーク加工で、100均には見えない仕上がりを目指しました!

それでは、いつものようにレッツゴー♪

材料

100均焼き網とカッティングボードのハンディボックスの材料

  • 板:45×12cm…1枚(セリア)
  • 角材:45×3.8cm…2枚(セリア)
  • 丸棒:1本(セリア)
  • カッティングボード:約21×14×0.8cm…2枚(セリア)
  • 焼き網:炙り職人角型27cm(セリア)
  • 転写シール(セリア)
  • ミッチャクロン
  • 水性塗料:白・赤・ニス(ウォルナット)
  • アクリル絵の具:白・グレー・焦げ茶(セリア)
  • ビス各種
  • シリコンスプレー

道具

  • 差し金
  • ノコギリ
  • サンドペーパー#240、#400
  • 刷毛
  • スポンジ

DIYレシピ

パーツの切り出し

まずはパーツの切り出しから始めます。使用するカッティングボードが底板より横幅があるので、底板の幅に合わせて切り落とします。(12cmにします)

カッティングボードを底板の幅に合わせる

カッティングボードが2枚あるので、作業効率を考えマスキングテープでガッチリ固定して、まとめ切りをすると楽ですよ。

マスキングテープでまとめ切り

その他のパーツは、焼き網サイズを基準にカットします。底板27cm、角材2本・丸棒それぞれ28.6cmに切り出します。

その他パーツの切り出しサイズ

全てのパーツを切り終えました。切り口はサンドペーパー#240で整えて下さい。

切り出し完了

焼き網の整形

100均の焼き網はいろいろ種類がありますが、今回は軽い力で曲げられる「炙り職人」を使用します。この焼き網を底板の幅に合わせていきます。

焼き網炙り職人

曲げる場所は、端から2マス目8マス目の部分です。

焼き網の整形

曲げるポイントに端材を置き、端の部分を折り曲げます。

端材を当て端から折り曲げる

あとは端材を基準に、下へどんどん折り曲げるだけです。簡単に整形完了です!

焼き網の整形完了

フチが網目から外れやすいので、様子を見ながら作業を進めて下さい。

塗装

焼き網の塗装

焼き網を白に塗装していきます。素材が金属なので、塗料が乗るように最初に下地剤「ミッチャクロン」をスプレーします。

ミッチャクロンで下地処理

下地剤が乾いたら、スポンジを使って塗装していきます。スポンジに塗料を付けポンポンしていくだけで、簡単&キレイに塗ることができます。

焼き網の塗装1

さらにアンティーク風に仕上げたいので、アクリル絵の具の焦げ茶(ローアンバー)を使って、要所要所に色を乗せていきます。

焼き網の塗装2

白と焦げ茶だけで簡単にサビサビ風の網が完成しました。

焼き網の塗装完了

底板と角材の塗装

底板と角材、丸棒は水性ニスのウォルナットで塗装します。(塗装時の表面のザラつきはサンドペーパー#400で滑らかにしましょう。)

その他パーツの塗装

≪DIYにこの番手≫紙やすり(サンドペーパー)の使い方と選び方をご紹介!
紙やすり(サンドペーパー)は木工DIYでは必需品です。木材の切り口を滑らかにしたり、角や表面を滑らかにしたりと、スベスベの木の質感を表現するには欠かせないアイテ...

カッティングボードの塗装

カッティングボードを赤に塗装します。(穴の部分は塗らなくてOKです。)

カッティングボードの塗装1

さらに、好きな転写シールを組み合わせて貼り付けていきます。(ベジタブルストッカー&レッドビーンズ…なんのこっちゃ)

転写シールを貼る

この状態でも仕上がりに問題はありませんが、もうちょっと色合いに工夫を凝らしたいと思います。

まずは、アクリル絵の具の白を少量の水で溶き、スポンジを使ってくすみを表現していきます。

カッティングボードの塗装2

フチから中心に向かって、色が薄くなっていくようにポンポンしていきます。

カッティングボードの塗装2

次に、グレー(フレンチグレー)と焦げ茶(ローアンバー)を合わせて、少し濃いグレーを作ります。(合わせる量はグレー2:焦げ茶1の割合です。)

カッティングボードの塗装3

少量の水で溶き、2色をよく混ぜ合わせます。

カッティングボードの塗装4

こちらもフチを中心に色を乗せていきます。

カッティングボードの塗装5

最後に、焦げ茶だけを要所要所に乗せ、メリハリを付けます。

カッティングボードの塗装6カッティングボードの塗装7

白とグレー、焦げ茶の3色を使って、アンティーク風加工の完成です!

カッティングボードの塗装完了

▼詳しい塗装方法はコチラ

【DIYペイント講座】赤い小物(雑貨)をアクリル絵の具でアンティーク加工する方法
カラー別アンティーク風ペイント講座今回は、赤色の小物(雑貨)をアクリル絵の具でアンティーク風に仕上げる場合の「オススメの配色」と「塗装方法」をご紹介します。...

組み立て

各パーツを組み立てていきます。まずは底板とカッティングボードを1枚だけビス固定します。(端材で挟むと作業が楽ですよ。)

組み立て1

次に、丸棒をカッティングボードの穴に通します。その際、丸棒が通りにくかったらシリコンスプレーをティッシュに取り、丸棒に塗るとスムーズにはめ込むことができます。

組み立て2

シリコンスプレーは1本200円弱で買えるので、持っておくとDIYに重宝しますよ♪ ※カインズホームオリジナル商品

丸棒をそれぞれのカッティングボードに通し、底板と固定します。

組み立て3

焼き網をセットし(画像撮り忘れました…)、焼き網のフチを隠すように角材を配置し、カッティングボードに固定させます。

組み立て4

後ろはカッティングボードの高さに合わせて角材を配置し、同じくビスで固定して下さい。

組み立て5

完成

ハンディボックスの完成です。

100均焼き網とカッティングボードのハンディボックス完成1

ここでお気づきでしょうか?焼き網は「ただはめ込んでいるだけ」ということをっ!タッカーで止めようか悩みましたが、角材でカバーするだけで簡単に解決できました♪

塗料を入れてみました。カワイイですね♪(転写シールが「ベジタブルストッカー」なのは見なかったことに…)

100均焼き網とカッティングボードのハンディボックス完成2

アンティーク加工も効いてますね。

100均焼き網とカッティングボードのハンディボックス完成3

製作を終えて

焼き網と木材のコラボはデザインにメリハリがあり、スタイリッシュでオシャレですよね。今回は色合いに遊び心を入れて、赤・白・茶で構成してみました。(○カ○―ライメージ(笑))

カッティングボードの穴と、丸棒のサイズが合うという点もこのレシピの特徴です。(カッティングボード生産時にできた丸棒なんでしょうかね?)

焼き網はいろいろなサイズがありますが、炙り職人が一番加工しやすいです。フチが網目から外れやすいので、その点だけ注意して作業を進めて下さい。

部材全てセリアで購入できますので、この形をベースに好みの色合いでアレンジを楽しんで下さい♪

フォローする

100均DIY担当のツクモです♪女性ならではの視点で、誰もが楽しい!と思えるようなDIY情報を日々考え発信中!
【好きな事】100均DIY、クラフトDIY、WEBデザイン、栄養管理、ギター
【好きな言葉】良質なコンテンツと良質なタンパク質

合わせて読みたいオススメ記事

トップへ戻る